BMW Remoteアプリの地図情報を車両に送信する機能がとても便利!


Date :
Category : BMW豆知識
Tag :

スマホからナビの目的地を転送するのが便利



私がBMW ConnectedDrive(コネクテッド・ドライブ)で、よく使う機能が、スマホからナビの目的地を送信する機能です。

iDriveを使って車内でナビの目的地を設定するのは結構面倒なので、いつもスマホから目的地を送信しています。

スマホアプリのBMW Remoteを使います



BMW Remoteは、BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアムをオプションとしてオーダーすると利用できる機能です。



BMW Remoteアプリを起動して、PIN(パスワード)を入力します。



右下の地図を選択。



画面上部に目的地を入力して検索します。今回は東京スカイツリーを検索してみます。



検索すると、目的地が表示されるので、目的地のピンを選択。



目的地詳細が表示されるので、「車両に送信」を選択。



送信を選択。





これで、車両に目的地データが送信されました。とっても簡単です。

スマホから送信したデータを受信してナビの目的地設定する



スマホから送信したデータは車両側で受信されています。iDriveのメインメニューからConnected Driveを選択。



メッセージを選択。



先程、スマホから送信した、東京スカイツリーの目的地データが受信されています。



東京スカイツリーのメッセージを選択します。



ルート案内開始を選択します。



新規目的地を選択すると、ルート案内が開始されます。

最新BMWグッズはここでチェック!
査定依頼して車の買取相場が1秒でネットに表示されるのはこのサイトだけ!
市場に出回っていない中古車情報をいち早くチェックできる

オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


BMW中古車検索(1クリックで希望モデルの中古車一覧が表示されます)