BMW M2クーペ[F87]MTモデル(右ハンドル)のペダル配置と足元の広さについて調べてみました[2]2種類の靴で運転影響度を確認


Date : 2017/05/15|Update :
Category : BMW M2クーペ
Tag : ,

調べる靴の種類は2種類




今回、調べる靴の種類は、スニーカーと革靴です。

私の靴のサイズは26.5cmです。




サイズはソール長とソール幅を調べます。ソール長は靴底のつま先から踵までの寸法で、ソール幅は靴底の一番広い部分の寸法です。

【スニーカー】問題なし

スニーカーのサイズは下記になリます。

ソール長:29cm(290mm)
ソール幅:10cm(100mm)

スニーカーを履いた時の足元写真は下記になリます。



ブレーキとクラッチ。クラッチは踏み込んでいません。




ブレーキ(足を添えただけ)とクラッチを踏み込んだところ。



アクセル(足を添えただけ)とクラッチを踏み込んだところ。



アクセルとフットレスト。



フットレスト拡大。

アクセル及びブレーキ操作(右足)について、特に干渉したり、運転のしづらさを感じることはありませんでした。

クラッチ操作(左足)について、納車初日は数回、クラッチを踏む時にフットレストやブレーキに足が当たることがありましたが、2日目以降はそのようなこともなくなり、運転のしづらさを感じることはありませんでした。

【革靴】ソール幅は問題ないが、左足のつま先が干渉する場合あり



革靴のサイズは下記になリます

ソール長:32cm(320mm)→スニーカーより3cm長い
ソール幅:11cm(110mm)→スニーカーより1cm広い

革靴を履いた時の足元写真は下記になリます。



ブレーキとクラッチ。クラッチは踏み込んでいません。



ブレーキ(足を添えただけ)とクラッチを踏み込んだところ。



アクセルとクラッチ。



フットレスト。

アクセル及びブレーキ操作(右足)については、特に干渉したり、運転のしづらさを感じることはありませんでした。

次に、クラッチ操作(左足)です。

ソール幅は特に気になりませんでした。クラッチを踏んだ時に、フットレストやブレーキペダルに当たることはありませんでした。



しかし、クラッチを奥まで踏み込むと、足元奥側に足のつま先部分が触れてしまいます。

これは、クラッチが奥まで踏み込めないのではなく、奥まで踏み込むと、つま先が足元奥側に触れる感じです。



つま先の長い靴を履いてクラッチを踏むと、クラッチペダルからはみ出た、つま先部分が足元奥側に当ってしまうのです。



普通はこのように、ペダルを踏み込んだ時、足がどこかに干渉することはありませんから、革靴でクラッチを踏み込んだ時の、つま先が触れる感じを「違和感」と感じる方もいるかもしれません。

運転できないわけではありませんが、私は若干の違和感を感じました。

私は通勤(片道約15分)で毎日車を利用しています。その時しか革靴を履かないので、現在のところ、若干の違和感を感じるものの、革靴で運転しています。

私の履いている革靴はプレーントゥですが、デザイン性の高いつま先が長く尖った靴の場合、クラッチを奥まで踏み込むと、つま先が足元奥側に触れることが、より顕著になります。
 
■BMW M2クーペ[F87]MTモデル(右ハンドル)のペダル配置と足元の広さについて調べてみました
1.各部の写真と寸法確認
2.2種類の靴で運転影響度を確認→この記事
3.つま先部分の長い靴は履かない

最新BMWグッズはここでチェック!
査定依頼して車の買取相場が1秒でネットに表示されるのはこのサイトだけ!
市場に出回っていない中古車情報をいち早くチェックできる

オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


BMW中古車検索(1クリックで希望モデルの中古車一覧が表示されます)

同じカテゴリーの記事