BMW420iクーペM Sport[F32]インプレッション。納車から3,000km走って感じたこと。


Date : 2014/07/29|Update :
Category : BMW420iクーペ
Tag : ,

3,000kmの慣らし運転を終えて

2014年2月13日に納車されてから、2014年6月27日の約5ヶ月弱で3,000km走りました。

今の段階で、BMW420iクーペM Sport[F32]について感じたことをインプレッションをしたいと思います。

走り出しが軽い

DSC08615

こちらの記事でも書きましたが、走り出しが軽いです。

【以前書いた記事】
BMW420iクーペM Sport[F32]インプレッション。納車から2,000km走って感じたこと【2】

これは、ターボエンジンが導入されて、低回転域から最大トルクを発揮できるようになったためですね。

c130

BMW420iクーペ[F32]に導入されている2リッターターボエンジン[N20B20B]、わずか1,250回転から270Nm[27.5kgm]の最大トルクを発揮しています。

高回転域でのトルクの落ち込みが大きい

ターボエンジンになって低回転域から最大トルクが得られるようになりましたが、エンジン特性を見ても分かるように、高回転域でのトルクの落ち込みが大きくなっています。

4500回転以上でのトルクの落ち込みが大きいです。これはエンジン特性を見ればすぐに分かります。

4500回転を超えると加速感がなくなっていくのが、体感的に良く分かります。高回転域を多用する使い方をする場合は、物足りない感じがすると思います。

スポーツモードが楽しい

c215

スポーツモードにすると、コンフォートモードより高いエンジン回転域でシフトチェンジされます。

アクセルの踏み込み量によって、シフトチェンジのタイミングが異なりますが、おおむね4,000回転あたりでシフトアップします。

アクセルを踏んだ時の反応も良くなるので、走っていて楽しいですね。

交通状況や気分によって走行モードが変えられるのはイイ!

DSC08920

BMW420iクーペでは、SPORT+・SPORT・CONFORT・ECO PROの4つの走行モードを選択することができます。モードによって車の印象がガラッと変わるので面白いです。

c214

通常は、CONFORTモードで走っています。道路が空いている時や、気分が良いときはSPORTやSPORT+で走っています。

c213

一方、のんびり走りたい時もあります。そんな時は、エコプロモードにすれば、ゆったりのんびり運転することができます。

こんな感じで、気分に応じて走行モードを変えられるのは楽しいですね!

ATも使い方次第でドライブが楽しくなる

DSC00811

今まで乗り継いできた、BMW318is[E36]・BMW318ci[E46:SOHC]・BMW318ci[E46:DOHC]・BMW320iクーペ[E92]はすべてMTモデルでした。

DSC08926

BMW4シリーズクーペ[F32]は、MTモデルが設定されなかったため、ATモデルのBMW420iクーペ[F32]を購入しました。

納車当初は、ATシフトの使い方に慣れていなかったので、いまいち楽しくなかったのですが、徐々に慣れてきました。フロアシフトやパドルシフトを気分に応じて使い分けています。

DSC08891

最新BMWグッズはここでチェック!
査定依頼して車の買取相場が1秒でネットに表示されるのはこのサイトだけ!
市場に出回っていない中古車情報をいち早くチェックできる

オススメ関連記事


同じカテゴリーの記事


BMW中古車検索(1クリックで希望モデルの中古車一覧が表示されます)

同じカテゴリーの記事